豆乳イソフラボンアイクリーム

忙しい時期が続くと気になる目の下のくま。

疲れてるってことがバレバレで恥ずかしい😢

 

そんなときは、ピンポイントでケアできるアイクリームがおすすめです💕

豆乳スキンケア市場で人気の『なめらか本舗 豆乳イソフラボン アイクリーム』を使ってみました!

 

900円というリーズナブルなお値段でお試ししやすいのが嬉しいポイントです。

ただ、やっぱり数千円するアイクリームよりも伸びがイマイチだったので使いやすさという点ではあまりオススメではありません。

 

今回は、なめらか本舗の豆乳イソフラボンのアイクリームをレビューしてみます。

 豆乳イソフラボンのアイクリームの詳細を見てみる

 

豆乳イソフラボン アイクリーム使ってみた!

ドラッグストアに売っていた『豆乳イソフラボン アイクリーム』を使ってみました!

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

パッケージの裏面には、豆乳イソフラボン アイクリーム一つで

  • くま・くすみカバー
  • 乾燥ケア
  • 肌荒れ予防

ができると書いてあります。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

豆乳イソフラボン アイクリーム本体はこちら。

細いパッケージなので持ちやすくて使いやすいです。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

大きさは手のひらくらいですね。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

1本に20g入っていて、900円というリーズナブルなところが嬉しいです。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

クリームを出すところも使いやすい細いチューブタイプです。

目の下にちょっとずつクリームを置くことができます。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

手にとってみました。

意外と硬いクリームです。

豆乳イソフラボンシリーズのクリームよりも硬いです。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

クリームが硬いので、伸びはあまり良くありませんでした。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

頑張って伸ばしましたが、ちょっと白く残っているんですよね。

 

豆乳イソフラボン_アイクリーム

 

クリームは残っているので、

  • メイクに響いたり
  • メイクをぬるときにクリームが目に入ったり

する可能性がありそうです。

 

  • アイクリームはプチプラで済ませたい
  • 夜だけ使う

という人なら良いと思います。

ただ、しっかりと朝晩使いたい人は伸びが良くてメイクに響かないアイクリームのほうがおすすめです。

 

 豆乳イソフラボンのアイクリームの詳細を見てみる

 

成分から見るお肌への効果について

全成分一覧はこちらです。

水、 BG、 グリセリン、 トリエチルヘキサノイン、 テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、 ジメチコン、 ベヘニルアルコール、 テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、 ミツロウ、 ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、 マカデミア種子油、 ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、 イソステアリン酸PEG-60グリセリル、 ステアリン酸グリセリル、 トコフェリルリン酸Na、 豆乳発酵液、 ダイズ種子エキス、 ダイズタンパク、 (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、 エタノール、 エチルヘキシルグリセリン、 カンゾウ根エキス、 ジメチコンクロスポリマー、 スクワラン、 セルロースガム、 トコフェロール、 ポリソルベート60、 マイカ、 酸化チタン、 フェノキシエタノール、 メチルパラベン

 

豆乳イソフラボンの目元クリームの注目成分は

  • ビタミンE誘導体
  • 豆乳発酵液
  • 反射パウダー

です。

 

まず、ビタミンE誘導体と豆乳発酵液が、ふっくら&イキイキした目元に導いてくれます。

つぎに、反射パウダーで目元をトーンアップし、ナチュラルにくまをカバーしてくれます。

 

だから、豆乳イソフラボン アイクリームは

  • くま・くすみカバー
  • 乾燥ケア
  • 肌荒れ予防

の3つのアイケアができてしまうんです。

目元の悩みがある人におすすめです◎

 

どこで買えるの?

豆乳イソフラボンのアイクリームは、近所のドラッグストアで買うことができます。

楽天市場やアマゾンなどでも売っていますが、送料を考えると薬局などの店舗で買ったほうが良いかなと思います。

 豆乳イソフラボンのアイクリームの詳細を見てみる