お湯の温度

こんにちは!Carinaです(*^^*)

洗顔をする時に、いつも疑問に思っていたことがあったんです。

それは、洗顔時のお湯の温度

  • お水?
  • お湯?
  • ぬるま湯?

どれがいいのでしょうか?

今回、敏感肌のYUKAが洗顔をする時のお湯の温度について調べてみました☆

お湯の温度は32度!

敏感肌さんが洗顔をする時のお湯の温度は32度が最適です。

洗顔をする時のお湯の温度は、色々な説がありますよね。

  • 熱々の熱湯で洗い流した方がいい
  • つめたーい冷水で締めた方がいい
  • お肌と同じくらいの温度がいい

などなど。

私みたいにお肌がデリケートな人は、

体温より低い32度のぬるま湯

がオススメです!

なぜなら、サランラップと同じくらい薄い顔の皮膚に刺激を与えず、優しく洗い流せるのがぬるま湯だからです。

すっぴん肌でおなじみの「あきゅらいず」では、33℃のお湯の温度をオススメしています。

私は、あきゅらいずでもらえる「水温チェッカー」でお湯の温度を測っています♪

水温チェッカー

最初のうちは、お湯の温度の感覚がわかってくるまで、温度計などを使って測るようにしましょう。

熱湯はお肌を傷つけちゃう

一方で、ぬるま湯よりも熱い「熱湯」はお肌を傷つけてしまうのでやめましょう

「お湯で洗顔をすると、毛穴が広がって毛穴の奥の汚れがしっかり落ちる!」

な〜んてことを聞いたことある人もいるんじゃないでしょうか?

実は、これは間違いです。

例えば、お風呂などの暖かい場所で洗顔をするのはOKです。

お風呂の暖かい温度で体の血行が促され、顔の毛穴が広がって、毛穴の奥の汚れやメイクが落ちやすくなります。

ただ、お肌に直接あつ〜いお湯をつけて洗い流してしまうと、お肌の表面の潤いを洗い流し過ぎてしまいます。

先ほど、顔の皮膚はサランラップみたいに薄くて繊細ですってお伝えしました。

例えば、サランラップに熱湯をかけると、ぐっちゃぐちゃになってしまいますよね?

それと一緒です。

肌が強い人は、お風呂のお湯と同じ温度でも問題ないかもしれませんが、敏感肌さんはやめたほうがいいです。

なので、敏感肌さんはお風呂に入って洗顔をする時でも、体を洗うのと同じ水温で顔を洗い流すのは避けましょう。

冷水に引き締め効果はない

冷水だったら、顔の毛穴がキュって引き締まるからお肌にいいんじゃない?って思っている方もいるのではないでしょうか?

実は、冷水に引き締め効果はありません!!

正確に言うと、冷水を当てているときはお肌の引き締め効果があります。

しかし、持続しないんです。

洗顔後は元どおり。

意味ないですね・・・汗

また、引き締めのために冷水と熱湯で交互に洗顔する!みたいな人もいますが、自律神経の乱れにつながってしまうので避けましょう。

むしろ、冷水で顔を洗うことによってお肌の刺激になってしまいます。

まとめ

敏感肌さんは、肌と同じ「32度」くらいのぬるま湯で洗顔をしてあげるようにしましょう。

ちなみに、水の温度の感じ方は季節によって違います。

同じ32度のぬるま湯でも、夏だと温く感じたり、冬だと冷たく感じたりします。

32度になれてきた後でも、季節ごとに32度のぬるま湯がどれくらいかを確認するのがオススメですよ☆

お肌が弱い敏感肌さんは、お肌に優しいコスメを使うだけでなく、お肌に優しい「洗顔方法」だったり、「体質改善」にも気を使ってあげましょう♪