食べ物

お肌が弱い、敏感で些細なことでもヒリヒリを感じたり赤くなったりする・・・

私も、いつのまにか皮膚が荒れてしまって、毎月のように皮膚科にお世話になってしまいます。

別に皮膚科が悪いわけじゃないんですけど、お金もかかるし時間もかかるし、できればお薬なしで快適に過ごしたいですよね?

調べてみたら、敏感肌さんには外からのケアだけじゃなくて、食生活の改善やインナーケアも大事らしいじゃないですか!

えっ、敏感肌って何を食べるかにも影響を受けているの!?

今回は、敏感肌さんが見直したほうがいい「ついついやりがちなNG食生活」「敏感肌さんが積極的に取りたい栄養素」についてご紹介したいと思います。

 

えっ、それもダメなの?ついついやりがちなNG食生活とは

まず、敏感肌さんが避けたほうがいいNG食生活をご紹介します。

今回ご紹介するのは

  • 炭水化物や脂質の多い偏食
  • 血行が低下してしまう冷たい食べ物
  • 酒、カフェインなどの嗜好品

の3パターンです。

 

炭水化物や脂質の多い偏食

ラーメン

炭水化物を多く食べている人は、お肌がの生成に必要な栄養素が不足していることが多いんです!

炭水化物といえば、お米やパン、パスタやラーメンなどの麺類・・・大好物ばっかり!

でも、炭水化物って栄養素が少ないのに、すぐにお腹いっぱいになっちゃうんです。

例えば、ラーメンってラーメンだけで十分お腹いっぱいになりますよね。

でも、ラーメンだけだと、摂取できる栄養素はほとんど炭水化物だけ!

付け合わせのネギとか海苔とかは、微々たる栄養素です・・・

炭水化物を多く食べている人って、他の栄養素を取れていないことが多いんです!

 

血行が低下してしまう冷たい食べ物

冷たい食べ物

また、体を冷やしてしまう冷たい食べ物もお肌にはよくありません

夏など暑い時期になると、氷がたっぷりのキンキンに冷えた飲み物とかかき氷とか冷たい食べ物を食べる機会が増えると思いますが、体が冷えて血行が悪くなってしまいます。

体の血行が悪くなると、肌の代謝も悪くなってターンオーバー周期が乱れてしまいます。

夏場でも、常温の飲み物をとったり、体を冷やさない食べ物を心がけましょう。

 

酒、カフェインなどの嗜好品

飲み会

お酒やカフェインの摂りすぎは体にもお肌にもよくありません。

体の中のビタミンやミネラルを体外に排出してしまう可能性があります。

お酒とかは仕事でどうしても飲まなくてはいけなかったり、ストレス発散のために自宅で毎晩晩酌をする人も多いと思いますが、お肌のためにも適量を心がけるようにしてくださいね。

疲れた時に頼りたいカフェインは、最近発売されたノンカフェインの活力アップドリンク「ジョホリッチ」などを試してみるのがおすすめですよ♪

 

積極的に摂りたい栄養素

敏感肌さんが積極的に摂りたい栄養素

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ミネラル

です!

 

ビタミンA

ヨーグルト

ビタミンAには皮膚や粘膜を生成したり、傷ついた肌の再生を助ける働きがあります。

鶏・豚レバー、牛乳、バター、チーズなどの乳製品、卵などに多く含まれています。

鶏肉や乳製品、卵などは普段の生活にも取り入れやすい食品ですね!

朝食をチキンサラダとヨーグルト、目玉焼きにしてみると、簡単だし健康にもいいご飯になりそうですね♪

 

ビタミンCが多く含まれている食材

レモン

ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートしながら肌の老化を防いでくれる働きがあります。

みかん、いちご、ブロッコリー、ほうれん草、ピーマンなどの野菜や、いも類、緑茶に多く含まれています。

やわた本青汁や LipoVit VCなどで積極的にビタミンCを摂取するのもいいと思います♪

 

ミネラル

野菜

実は、多くの女性が見落としがちなのが「ミネラル」です。

ミネラルは美肌には欠かせないとっても大事な栄養素なんです。

例えば、骨を作るカルシウムや、皮膚の健康を保つ亜鉛、不足すると肌くすみの原因になる鉄分など、ミネラルには美肌にとって大事な成分がたくさん入っています!

ミネラルは海藻類・魚介類・緑黄色野菜や豆類に含まれていますが、食事だけで1日に必要な摂取量はなかなか難しいです。

私は、グリーンルイボスティーやサプリメントなどでミネラル補給をしています。

 

サプリやドリンクなども取り入れてみて♪

今回は、敏感肌さんが「避けたほうがいいNG食習慣」「積極的にとったほうがいい栄養素」をご紹介しました♪

ただ、いきなり健康的な食生活を意識するのも難しいと思いますし、忙しくてなかなか管理できない・・・って人も多いと思います。

そんなときは、サプリやドリンクなどの栄養サポート食品も取り入れて見てください♪

私が頼りにしているインナーケアもブログでご紹介しているので、よかったら参考にして見てください♪

お肌の外側からと内側からの両方のケアをして、敏感肌さんでもプルンプルンなもちもち肌を目指しましょうね♪